サホロ椎茸

20200916

「原木椎茸」の美味しい食べ方は?

和食を支えている椎茸ですが、フレンチやイタリアン、中華料理にもよく合います。

その旨さを武器に、繊細で優しい味付けの料理にも対応できる一方で、パンチの効いた料理の中でも存在感を発揮できる優れた食材です。 旨さの強い「原木椎茸」は、例えば味の強いカレー料理の中でも埋没することなく、ちゃんと椎茸を楽しめます。 そもそも、脂との相性もいいので多くの料理の中に入り込むことも可能です。

ニンニクやベーコン、パンチェッタ、アンチョビとの相性もいいので、オリーブオイルと共に火を入れれば、様々なパスタ料理に使えます。 煮込み料理も得意で、大きく切れば、出汁用の具として生きつつ、具としても美味しく食べられ、食感担当としても存在できます。

砂糖との相性も良く、和食の「煮しめ」は子供にも人気の料理。鶏のテリヤキにも追加したい食材です。 もちろん、シンプルに炭火焼にして食べても良いのですが、そのときは塩も付けないことをお勧めします。

本当に美味しい「原木椎茸」は旨さが強いので、その味だけで充分に楽しめると思います。

もどる